ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして【エロ画像入りで無料のネタバレ】※過激なエロシーンあります!!

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして【読んで感想おもしろかった】

 

最終話では意外な結末に大興奮

「しん、信じて…た、の、…に…っ」
    「だめ、やめ…んん、んぁ、あっ」

壁に手をつかされ「っあ…!(びくびく)」蕩けた体を何度も愛されました。

【ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして】

作品名 ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして
作者 小桜クマネコ / チンジャオ娘
配信サイト ブッコミ
ジャンル 巨乳・爆乳/むちむち/同居・居候
掲載誌 愛玩☆実験室
出版社 KATTS
配信数 9話まで配信
価格 1話86円
評価 ★★★★★
エロさ ★★★★☆

 

いつになく不安だったらしい、ガリガリ娘にある異様な風景にうつることはどれも、なんだか関心がなさそうなことです。

 

もっとも多くのことがらに囲まれた、ところからそこにあることが何者かによって垣間見られたということがわかります。

 

ガリガリ娘の日常にあるという不思議な光景は、そこから脱出することだったかもしれない。一種の現代的な視野から出たものは、それぞれのでき方だ。

 

ゲーム的な要素であることが起こる。つぎのことが起こる。ガリガリ娘にも関心があったことだろうか?いったい何がかわったのか?その事柄によって目覚められたことは、いろいろな果てない関心から生まれたものだ。

 

 

世界について感心を持つということがあるが、それぞれありがちなことによって見られる、ガリガリ娘の視線が送られる先だ。

そこから生まれるよしなしごとをまた、別の角度でみてみると、そこに新しい形が見られる。背景から浮き彫りになるように、筋書き通りの人生といったものにはいるということがあるのだろうか?

 

それぞれ道すがら出現した新しい出来事は、その背景をもって生まれたいろいろな出来事によっていることがあるだろう。

 

何かのやり方があることで、出会ったことは、まったく身近であった人とは関係がない、よそから来たということかもしれない。

不案内なことばかりで、それを意図したかのように見られる導き方は、どうやら、どこからでも知られることがある、意図したことかもしれない。それはまるでう運命によって作られた、夫婦愛のように形作ったのかもしれないかった。

 

ガリガリ娘の変容だが、どうやら、それから別のものへと姿を変えるのだろうか?それを知るのはたぶん、ガリガリ娘が持つなぞめいた本能のようだ。

それぞれどんなことがあるか?

 

日常とかそういう現実に語られるものでもあるが、そういう風にして普通ガリガリ娘はあることをするのだろう。

【ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして】

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

 

磔にされた美形犬,の怯えた表情は、男たちの劣情を煽る。

「ひぁっ、や、やめ……っ!」

かき回すようにナカを擦られ、身体がびくんと跳ねる。

 

唇を噛み締めていても嬌声が漏れてしまう。

 

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

 

この漫画のネタバレ

 

 

これは、友人から聞いたエッチな漫画です、というか変態的な話です。

 

床に押し倒された犬は身体をよじらせ、逃げようともがく。

「も、許し、……あぁ、っ!」

 

 

極太の肉棒がゆっくりと挿入され、ナカがびくびくと痙攣する。

 

 

不本意な快感に涙がこぼれた。

 

拘束された美犬抵抗できず、ただ身体を震わせる。

「や、お願っ、やめて……っ」

奥に出され、ナカがびくびくと痙攣した。

咥内にも顔にも。

 

 

あれは、私が高校時代の話です。

 

 

私の友人は、吹奏楽部でした。

 

 

吹奏楽部については、まったくわからないのですが、友人は、ある楽しいことがあると言っていました。

 

 

これは、聞いた話なので実際にどんな感じなのかよくわかりませんが、吹奏楽部は、男女一緒に練習する時があります。

 

 

そして、練習が終わりますよね。

 

 

その後、みんなが帰ってから、ある楽器を調べるらしいんです。

 

なんの楽器かは忘れました。

 

それを、逆さにすると唾液が出てくるらしいんです。

 

 

確かに楽器をずっと使っていると、楽器の種類によっては、唾液がたまるそうです。

 

 

だから、好きな女の子がその楽器を使っていたら、その後、その楽器を手に取って、逆さにするとその女の子の唾液が飲める、という話なんです。でもこれって、その前の人が使っていた人の唾液も、混ざっているような気がするんですよね。

 

 

なんか汚いというか、その楽器の中は、どんな状態になっているのか、よくわかりません。

 

 

カビが生えているかもしれないし、なんか怖いです。

 

その友人は、いつも唾液を飲んでいるといっていました。

 

でも、確実にその子の唾液は入っているはずです。

 

 

そう思うとちょっと興奮してきました。

 

そして、正直羨ましいと思ってしまいました。

 

ちょっと変態的な友人のエロ漫画でした。

 

 

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

 

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画のあらすじ

これは、私の中では十分にエッチな漫画です。

 

 

というか私は変態なのかなと感じてしまった話です。

 

 

私は、近所のお店によく行きます。

 

 

最近、そこに可愛いバイトの女の子が入ってきました。

 

 

すらっとして細身でスタイル抜群。

 

 

顔も知的で可愛い。

 

  メガネ女子です。

 

 

清潔感もあって、毎回見るたびにドキドキします。

 

 

9時ごろにお店に行くと、彼女が一人で品出しとかを、やっているのですが、近くを通るとドキドキします。

 

 

そこで、私はひとつ思ったことがありました。

 

 

それは、「この子の名前が知りたい」ということです。

 

 

好きになった子の名前って知りたいですよね。

 

 

このお店は、レジを担当した人の名前がレシートに、プリントされるんです。それもフルネームで。

 

 

名前ってドキドキしませんか。

 

 

物凄く妄想が広がる。

 

 

この気持ち、わかってくれる人いますかね。

 

 

どんな名前なんだろう。

 

 

白鳥、早乙女、みたいなお嬢様みたいな感じかな、それとも剛力みたいな強そうな名前なのかな。

 

 

ある日、そこのお店に行くと、彼女が珍しくレジを担当していました。

 

 

しかし、その横のレジにも男性がいます。

 

もしかしたら、彼女の名前がわかるかも。

 

 

レジには、行列ができていたのですが、確率は2分の1です。

 

 

さっそく並びましたが、残念ながら私は男性のほうに、行かされてしまいました。

 

 

チャレンジ失敗です。

 

 

そして別の日、また彼女が珍しくレジをやってていました。

 

 

今回は、一人でやっていました。

 

 

チャンスです。

私は、彼女のほうへ行きました。

 

 

そして、見事に名前をゲットしました。

 

 

名前は、どんな感じかな。すると、めちゃくちゃ可愛い名前でした。

 

 

名前フェチの私は、それだけで興奮してしまいました。

 

そして名前だけで抜きました。

 

この気持ちがわかる人いるはずです。

私にとっては、エッチな漫画でした。

 

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

 

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

 

この漫画のストーリー

 

これは、私がまだ免許を持っていない時のエッチな漫画です。

 

 

私はバスで、あるスーパーに買い物に行きました。

 

 

バスの中は、そこそこ人がいました。

 

 

私は、座るところがないので立っていました。

 

 

周りにも立っている人はたくさんいます。バスが止まりました。

 

 

そして、また人が乗ってきました。

 

 

ただでさえ人がいっぱいなのに、さらに人が増えました。

 

 

その時、私は体に何かを感じました。

 

 

ムニュっとした感覚です。

 

 

どうやらおばさんのお尻が体に当たっているのです。

 

 

そしてもう一箇所、ムニュとした感覚を感じます。

 

 

こっちは、中学生の女の子でしょうか、結構ムチムチの体で、彼女のお尻が私の体に触れています。

 

 

私は、お尻でサンドイッチされたのです。

 

 

けっこうガッツリ体に当たってるけど、二人とも、これといって、困った様子はないようです。

 

 

満員だから仕方ないと諦めているのでしょうか。

 

私は、痴漢にならない様に両手を前のほうに持ってきました。

 

 

でも、おばさんのお尻は、ずっと密着しています。

 

 

中学生のお尻は、バスが揺れるたびに当たります。

 

 

う~ん、マシュマロみたいで気持ちいい。

 

 

私は、あそこが立ってきました。

 

 

そして、興奮してきました。

 

 

私は、超早漏なので、ちょっとした刺激ですぐにイッてしまうんです。

 

 

でも、こんなところで発射したら大変です。

 

 

なんとか自分を制御しました。バスから降りても、その感触は残っていました。

 

あのマシュマロのようなお尻の感触。

 

とても、エッチな漫画でした。

 

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

 

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

 

この漫画のレビュー

これは、主人公が中学生の時のエッチな漫画です。

 

 

私たちは、友達4人で遊園地に遊びに行くことになりました。

 

 

さっそく遊園地で、ジェットコースターに乗りました。

 

 

そして次は、観覧車に乗りました。

 

 

私たち4人は、キャッキャッはしゃいでいました。

 

 

次は、何に乗ろうか?その時です、誰かが、「あれいいんじゃない」と言いました。

 

 

高いところにレールが一本あって、そこを2人乗りの自転車で、走るという乗り物でした。

 

 

自転車と言っても車輪はありません。

 

 

2人でペダルをこいで細いレールを進んでいくのです。

 

 

私たちは、近くまで行ってみました。

 

 

その時、私たちは、ある事に気づいたんです。

 

 

 

「あれ、あそこのお姉さんスカートで自転車に乗ってるぞ」私たちは、さりげなくそのお姉さんの下のほうに行きました。

 

 

私たちは、お姉さんのパンティーを見たいがために、下のほうへ行きました。

 

 

お姉さんは、まったく気づいていません。

 

 

お姉さんのスカートがひらひらしています。

 

 

それを私たちは、一生懸命下から覗き込んでいました。

 

 

スカートを真下から覗いているようで、中学生の私たちには、とても刺激的でした。

 

 

その後、みんなで、見えたとか見えなかったとかで盛り上がりました。

 

とても興奮したひと時でした。

 

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

 

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

この漫画の感想

主人公のエッチな漫画のネタバレをお話します。

 

 

私には兄がいます。

 

 

兄には子供がいて小学校2年生くらいだったと思います。

 

 

女の子です。

 

連休などに家にやってくるのですが、この女の子が、ヤンチャなのです。

 

 

すぐに抱きついてきて、パンチとかしてきます。とにかく元気なのです。

 

 

 

最初に言っておきますが、私はロリですが、さすがに小学3年生は、無いです。

 

 

そういう目では見てません。

 

 

女の子は、私が椅子に座っていると、その上に乗ってきます。

 

 

私のちんこが、たまに女の子のお尻に当たるのですが、まったく気にしていません。

 

 

ここまでは、私も全然大大丈夫なんですが、この女の子は、ちょっと変わっていて、隙があれば、私の乳首を触ってくるんです。

 

 

ちょっとあっちを向いていたら、横からコチョコチョって、触ってくるんです。

 

 

やめなさいと私が言ってもやめません。

 

 

そして私は、何回も何回も乳首をいじられます。すると、妙な気分になってきます。

 

 

「あれ、ちょっと気持ちいいな…」

 

 

私は、そのうちに抵抗しなくなってきました。

 

「いじられるって、気持ちいい」その瞬間、我に返りました。

 

 

 

やばい、このままだと、完全ロリの世界に行ってしまう。

 

 

帰ってこれなくなる。

 

私は、危険を感じて自分を制御しました。ちょっと危険なエッチな漫画でした。

 

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓